お問合せ

「賃貸物件を借りる」のワンポイントアドバイス!

 ■物件の重要事項説明とは?
 宅建業者は、宅地・建物の売買・交換・賃貸等の相手方等、取引の当事者に対して、契約が成立するまでの間に、取引をしようとしている物件や取引条件など一 定の重要な事項について、それらを記載した書面を交付し、取引主任者をして説明させなければなりません。

 この重要事項の説明 やそれを記載した書面(重要事項説明書)のことを略して「重説」と言うことがあります。

 この重要事項の説明をする宅地建物取引主任者とは、宅地建物取引主任者試験に合格し、都道府県知事の登録を受け、宅地建物取引主任者証の交付を受けた者のことをいいます。

 ■関連ページへのリンク
アパートとマンションの違い徒歩○分とは?LDKと広さ家賃と共益費初期費用にはどんなものが?
メゾネットとロフト建物と間取りの表記賃貸物件の設備仲介会社と管理会社重要事項の説明